「取り返しのつかないこと」をしたのだから死刑は当然  [死刑賛成!!]

磯谷利恵さんのお母さまからのメッセージ

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/03/post-0923.html より(抜粋)  

          

利恵さんのお母さまが、これまでの1年7ヶ月、どんな思いでがんばって来たのか、それは、「人の心」があれば誰にでも分かるように、利恵さんの無念を晴らすことに他ならない。お母さまの唯一の望みは、自分の宝である利恵さんを返して欲しいってことだ。だけど、それは、叶わないことなのだ。つまり、この3人の鬼畜は、わずかなお金を奪うために、何の罪もない無関係な人間の命を奪い、被害者とご遺族の人生をメチャクチャにしたという「取り返しのつかないこと」をしたワケだ。「取り返しのつかないこと」をしたんだから、命という「取り返しのつかないこと」で償うのは当然だろう。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

死刑反対派

>利恵さんのお母さまが、これまでの1年7ヶ月、
>どんな思いでがんばって来たのか、
>それは、「人の心」があれば誰にでも分かるように、
>利恵さんの無念を晴らすことに他ならない。

過失致死の被害者遺族のことを
考えてみたことがあるだろうか?

唯一の望みは、
宝物を返して欲しいってことです。

加害者は、ほんのわずかな不注意のために
何の罪もない無関係な人間の命を奪い、
被害者と遺族の人生をメチャクチャにしたという
「取り返しのつかないこと」をしたのです。

それでも、「わざとじゃないから仕方ない」で
済まされるのです。

「わざと」であれば、
どんな社会病理が事件の背景にあろうとも
「身勝手な理由」「最低最悪な理由」「鬼畜」
と、一縷の同情が与えられることも無く、
被害結果と全く同等の反撃であるべきだと
言って貰えるのです。

不公平極まりないです。

そもそも被害結果と全く同等の反撃なんて
そんなのまともではありません。

非の打ち所の無い悪人以外は、
100%同害の報復など許されるはずが
ないのです。

どんな犯罪であっても
その加害者の生い立ちや過去の環境などの
社会病理に目を向けるべきなのです。

わずかで良いのです。

それだけで死刑という100%の報復には
ならないはずです。

それでも過失致死よりははるかに重い罰が
与えられるのです。

わずかでも加害者に目を向けることが
「被害者の人権無視」だというのであれば
過失致死でも死刑にすべきです。

>「取り返しのつかないこと」をしたんだから、
>命という「取り返しのつかないこと」で償うのは
>当然だろう。

この言葉を聞くと、いつも思う。

我々過失致死被害者遺族をバカにしてる
としか思えない。

必ずと言っていいほど、

「取り返しのつかないことをしたんだから、
命という取り返しのつかないことで償うのは当然。」
「しかし、過失致死の場合だけは、
取り返しのつかないことをしたんだとしても、
命という取り返しのつかないことで償わなくても良い。」
「過失致死は全然違うだろ!」

というのだ・・・

「取り返しがつかなくても、
過失致死被害者だけには人権が無い。」

と言ってるように聞こえる・・・

by 死刑反対派 (2013-05-07 19:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます