感情的になるのはやむを得ない  [死刑賛成!!]

書評に見つけた死刑反対論者批判

http://mondai-kaimei2011.blog.so-net.ne.jp/2012-09-25-7 より(抜粋)

 

極悪殺人犯の命だって貴重な“人命”であることに変わりはなく、それは無理に奪ってはならぬ、とても尊いもの。。。そりゃ、そういう考え方の人もいるでしょう。

 

でも『もし家族が殺されたら or 恋人が殺されたら、私は犯人を絶対に許せないし許さない!!』――そういうヒトの愛し方だってあるんじゃないでしょうか。

 

それをいかにも思慮が足りないように言ったり、感情的で浅はかであるように言ったりするのは間違いではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます