人の命は誰でも尊いのか  [死刑賛成!!]

死刑反対論者への質問状 14

http://mondai-kaimei2011.blog.so-net.ne.jp/2012-10-02-2 より(抜粋)  

        

死刑反対論者は、「人の命は差別されてはならない。誰でも平等に尊い」と言います。つまりそれは、たとえどんなに残虐非道な犯罪者であってもその命は尊重されなければならないということです。その命を尊重するという事が、死刑という形で命が奪われることに対して反対するという事になります。  

        

一見してその理屈は筋が通っているように思えます。しかし、その論拠である「人の命は差別なく尊い」という認識に大きな問題があります。「人の命は差別なく尊い」と言えるのは、法律に従って社会生活を送っている人の間で言えることではないのでしょうか。社会を構成する人の合意で成立した法律を無視してやりたい放題のことをしている者は、その範疇には入らないのではないのでしょうか。

           

法律を無視してやりたい放題のことをしている者は、法律で保護される対象から外されてやむを得ないでしょう。死刑もその延長上にあると言えるのではないのでしょうか。死刑になることがいやならば、刑罰として死刑以外に考えられないようなことをしなければいいだけの話です。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

死刑反対派

>死刑反対論者は、
>「人の命は差別されてはならない。誰でも平等に尊い」
>と言います。
>つまりそれは、たとえどんなに残虐非道な犯罪者であっても
>その命は尊重されなければならないということです。
>その命を尊重するという事が、
>死刑という形で命が奪われることに対して反対する
>という事になります。

若干違います。

人の命は等しく尊いものなので、
命を奪わなければならないことなんて
無いのです。

常に、平等に、完璧に、
保護しなければならないもの
とは言いません。

>法律を無視してやりたい放題のことをしている者は、
>法律で保護される対象から外されてやむを得ないでしょう。
>死刑もその延長上にあると言えるのではないのでしょうか。

法律で保護される対象から外されてやむを得ないと思いますが、
死刑がその延長上にあるとは全く言えません。

なぜ保護されないなら殺す必要があるのでしょうか?

復讐はしょせん
犯人の不幸という蜜の味の追求にしか
過ぎません。

>死刑になることがいやならば、
>刑罰として死刑以外に考えられないようなことを
>しなければいいだけの話です。

太ってる人に
「太るのがいやならそんなに食べなければいいだけの話」

ニコチン中毒者に
「タバコやめたけりゃ吸わなければいいだけの話」

高卒底辺に対して
「稼ぎたけりゃ勉強すればいいだけの話」

仮に、東大卒が税金全免除になっても
「税金払いたくなけりゃ勉強すればいいだけの話」

仮に、東大卒が全員生活保護貰えることになっても
「生活保護が欲しけりゃ勉強すればいいだけの話」

等等、なんとでも言えてしまいます。

私は「いやならば~しなきゃいいだけ」
と言うことによって、
犯罪が増加していると思っています。

不思議にも死刑廃止国のほうが総じて治安が良いのは、
殺人予備軍に対して、決して差別をせずに、親身に
なぜそんな愚行を行うかも知れないような精神状態に
陥っているのか?を相談しやすい風土があるからだと
思っています。

また、それは環境によってはどうしようもないことで、
誰かの助けが無ければ
人智によって環境を変えることが不可能な場合もあることを
認めてあげることで
未然に兇悪犯罪を防いでいると思われます。

逆に、「しなければいいだけ」というのは
犯罪を犯さないことは簡単なことで、
誰にでもできることなので
相談しても無駄だという見捨てられ効果を生み出し、
社会からの孤独感や不幸感が限界を超えた時に
より大きな犯罪を犯すという結果を誘発している
と思われます。

by 死刑反対派 (2013-04-30 22:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます