-| 2012年07月 |2012年08月 ブログトップ
前の10件 | -

事実を誤認する可能性  [死刑反対!!]

状況証拠だけの死刑判決(訂正有り)

http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-category-5.html より(抜粋)

 

(略)もしこの場合に合理的な疑いがあると言うことであれば、これは事実誤認で破ることになります。そういうことであれば死刑どころか、これは(略)無罪を言い渡すことになります。ところが今の場合、合理的な疑いをこえる程度の心証はとれるのですから、とうてい無罪というわけには行きません。また、事実がその通りであるとすれば、これはきわめて冷酷無比の手口によるところの犯行でありましたから、死刑制度が存在する以上は、死刑はやむをえないという事案でありました。

 

そうかといって、事実認定に一抹の不安が残るということを理由として、死刑の代わりに無期刑にするというようなことは、一抹の不安というのは情状の問題ではないのですから、どうしても筋が通らないのであります。

 

そうしますと、私はこういうときに死刑というものが制度として存在しなかったら、どんなに気持ちが割り切れたろうとおもったのであります。

団藤重光著「死刑廃止論」 p.399


「命」の尊さを悟ることが、犯罪を減らす唯一の手段  [死刑賛成!!]

死刑は必要か否か 2009-10-18 17:27:28

http://ameblo.jp/dewisukarno/entry3-10367002921.html より(抜粋)

 

”私は、死刑は必要だと思います。 

なぜなら人は、「死」から「命」の尊さを悟ることを知ったからです。

私は残酷なことを言っているかもしれません。

ただ、この事だけが、この9年間で私が悟った唯一の真理なのです。

そして、「命」の尊さを悟ることが、犯罪を減らす唯一の手段であると考えています。”

 

皆さん、ご意見をお聞かせ下さい。皆さんは、死刑制度は必要と思われますか?それとも、死刑制度反対ですか?

ご意見をお聞かせ下さい。


生かして罪をつぐなわせるべき  [死刑反対!!]

 死刑制度は必要か

http://www.ne.jp/asahi/box/kuro/report/sikei.htm より(抜粋)

 

死刑制度は必要ではないと思う。死刑を行って、血で血を洗いおとそうとしても、できるものではない。殺人犯を死刑にしても、犠牲者に対してつぐないきれるものではないし、犠牲者の家族の心の傷もいやされないと思う。そういう罪を犯した人を死刑にしてしまわずに、生かして罪をつぐなわせる方がむしろ重い刑罰になるのではないかと思う。

 

それに、なぜ殺人犯が人を殺すようになったのかと考えると、その人が育ってきた環境や親の考え方の影響とか、(本人にはどうしようもない)その人なりの事情があるはずだ。人は生まれながらに大きな差をかかえている。そのことを考えると、殺人犯もかわいそうな気がする。

 

でも、そうはいうものの、自分の友だちや家族が無差別殺人の被害者になったとしたら、今みたいな考え方を保っていられる自信はない。


ホームレス暮らしよりも刑務所暮らしの方が健康にいいなんてのはおかしい  [死刑賛成!!]

街。の声

http://plaza.rakuten.co.jp/akitakesp/diary/200810040000/#comment より(抜粋)

 

凶悪な犯罪を犯しながら、命乞いのために死刑制度に反対したり後悔の念を殊更叫んだりってのは全然別の話。刑に服すってのは、命を絶つってこと以外に、それを執行されるまでの苦しみなんかも全て含んでの罰だと思ってるからね。本来、ホームレス暮らしよりも刑務所暮らしの方が健康にいいなんてのはおかしいんだよ。


死刑は社会を守るために必要  [死刑賛成!!]

死刑という非人道的な刑罰に賛成するのはなぜですか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4129713.html より(抜粋)  

      

被害者や被害者の遺族の感情を考慮するということが、死刑の主な理由であってはならないと考えています。

     

     

     

交通事故などの過失致死の場合でも、被害者の人は苦しいでしょうし、遺族の人は苦しみや悲しみを感じるでしょう。子どもを不注意によって轢死させられた親と、子どもを悪意によって刺殺された親とどちらが、苦しいか悲しいか、なんて比べれるものではないとおもいます。  

      

また、強姦などの犯罪は、殺人よりも被害者に苦しみを与えるという論者もあります。被害者の苦しみや悲しみを考慮すれば、過失致死や強姦にも死刑を与えるべきかもしれません。しかし、過失致死や強姦に対して死刑を適用すれば、私たちの社会にとって悪影響があるでしょう。  

      

死刑は、私たちの社会を守るために、やむを得ず行われる手段としてとるべきです。その人物を生かしておくことで、私たちの社会に大きな悪影響が出る場合など。


命の価値は被害者の立場や状況によって変わる  [死刑反対!!]

「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と書いた人に訊きたい

http://diamond.jp/articles/-/16819?page=6 より(抜粋)       

             

                  

        

    

先日、元法務官僚で現在は犯罪学などを専門にする浜井浩一龍谷大学教授に会ったとき、犯罪学会に行くたびに諸外国の法学者や犯罪学者から「なぜ日本の青少年はこれほどに犯罪を起こさないのか」と必ず訊ねられると苦笑していた。でもそんな事実を知る人はほとんどいない。  

     

こうして虚偽の事実がメディアによって消費され、人々の意識が変わり、制度が変わり、法が変わる。それによって損害を受けるのは、「被害者遺族の身になれw」とか「自分の子供が殺されても同じことが言えるのか」などとネットに書きこんでいるあなたかもしれない。


何回死刑になっても罪の償いはできない  [死刑賛成!!]

死刑は必要か否か

http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10367002921.html より(抜粋)     

                

                         

     

            

   

      

     

最近 光市母子殺人事件を書いた本が出版され、しかも実名で書いているというので早速その本を取り寄せたところ、タイトルが「福田君を 殺して何になる」、それに黄色いオビに 死刑か無期懲役か? と書いてあったので私はとたんに読む気がしなくなり、何故こんな本を買ってしまったのかと腹がたちました。  

     

しかもなんで死刑囚に対して 福田君と なぜ「君」付けにするのでしょう。私はこの犯人福田は何回死刑になっても罪の償いはできないと思います。  

     

鬼畜に殺された愛する妻と赤ちゃんは永遠に帰って来ず、本村氏の心は永遠に哀しみの中にあり、癒されることなどないのです。


死刑制度は必要ではない  [死刑反対!!]

殺人犯を死刑にしても、犠牲者に対してつぐないきれるものではない

http://www.ne.jp/asahi/box/kuro/report/sikei.htm より(抜粋)

 

死刑制度は必要ではないと思う。死刑を行って、血で血を洗いおとそうとしても、できるものではない。殺人犯を死刑にしても、犠牲者に対してつぐないきれるものではないし、犠牲者の家族の心の傷もいやされないと思う。

 

そういう罪を犯した人を死刑にしてしまわずに、生かして罪をつぐなわせる方がむしろ重い刑罰になるのではないかと思う。

 

それに、なぜ殺人犯が人を殺すようになったのかと考えると、その人が育ってきた環境や親の考え方の影響とか、(本人にはどうしようもない)その人なりの事情があるはずだ。人は生まれながらに大きな差をかかえている。そのことを考えると、殺人犯もかわいそうな気がする。

 

でも、そうはいうものの、自分の友だちや家族が無差別殺人の被害者になったとしたら、今みたいな考え方を保っていられる自信はない。


死刑制度は非人道的  [死刑反対!!]

「人道外れる死刑制度 - 人の痛み、我が身重ねよ」

http://www.facebook.com/SimplyMieko.Official/posts/343496059054736?comment_id=2904762&offset=3&total_comments=7 より 

     

私は、被害者の家族に我が身を重ねるとき、一番苦しい想いをします。 「もしも自分の愛する人が被害者だったら...」と想像するとき、「だからといって、自分も殺人を犯していいのか?」と。。。 だからこそ、バージン諸島の長老たちの言葉に救われます。「命は差別なく尊いのだ。。。」と。そしていつも必ず思い出すのは、仏教の殺生禁断の思想。人の命だけではなく、万物全ての命は差別なく尊いのだと。。。 

        

死刑廃止問題の議論は、哲学/理論的になりがちですが、それだけではよい議論にならないのではと感じています。そういう場合、具体的な選択を議論することが重要です。 つまり、最も重い刑罰を死刑とするのか、終身刑(猶予なし)にするのか。

613 4:55


普通の国民は死刑賛成だ  [死刑賛成!!]

死刑廃止議員連盟が世論調査批判 「本当に国民の8割以上が死刑制度を容認しているのか」
http://kuromacyo.livedoor.biz/archives/1628833.html  より

普通の国民は死刑賛成だ
犯罪者の人権より被害者の人権が大切だと思う
こう言う話になると冤罪ガーって言うやついるけど
死刑反対派は絶対犯罪をやった奴でさえ
「死刑の方法が残酷だ!人が人を殺す権利があるのか!」って反対するんだよな
反対派は冤罪かどうかなんて関係ないんだよ何であれ反対なんだ
被害者の気持ちよりいつか自分が犯罪者になった時のことしか考えてない
それも情状酌量の余地のない極悪な犯罪者になった時のこと     

前の10件 | -
-|2012年07月 |2012年08月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます