死刑は究極の『身体刑』  [死刑反対!!]

死刑制度は廃止すべき?存置すべき? 弁護士にきいてみたhttp://news.goo.ne.jp/article/bengoshi/life/bengoshi-topics-1350.html より
 
 
 『死刑』は、憲法36条が絶対的に禁止している『残虐な刑罰』に該当し、廃止すべきである。刑罰には、かつて、腕を切り落とす、足を切り落とすといった身体に損傷を与える『身体刑』があったが、これは『残虐な刑罰』として克服された。『死刑』は、身体に損傷を与え、その結果として生命を剥奪するものであるから、究極の『身体刑』である。(萩原猛弁護士)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます